楽曲

Puppets in the Dark

■鍵言葉

私のブログタイトルがそれなのですが、鍵言葉というタイトルの楽曲を作りたいとはずっと思っておりました。私の歌のテーマは笑顔とハッピーを届けることだから、「笑顔」が皆との合言葉、約束になるように笑顔をテーマとして書きました。ライブの最後に、みんなで合唱できたらいいな。
Puppets in the Dark

■Puppets in the Dark

Unlight English Ver.テーマソング‐Unlightの世界観をイメージした、ダークでありながら強さを感じる楽曲です。
プレリュード

■プレリュード

2014年6月6日1stワンマンライブ”Prelude”で発表した楽曲。初めてのワンマンライブを迎えるにあたって、それまで活動して感じたこと、今の気持ち。未来への希望と過去との向き合い。支えてくれる人たちへの想い・・・たくさんの感情を詰め込んだ決意の曲です。
記憶のフェリーチェ

■記憶のフェリーチェ

切ないバラードを作りたいという思いで完成した楽曲です。実はカップリングのJewelingle Bellsと対になっていて、歌詞がつながっています。一つの街をテーマに、二つの感情が交差するように描かれています。
Jewelingle Bells

■Jewelingle Bells

記憶のフェリーチェとは対照的な明るい曲です。明るくて楽しい、みんな大好きなクリスマスを想像させる曲。かわいいメロディーから、歌詞を可愛くなり過ぎないようにするのに苦労しました。Jewelingleは造語で、宝石のような心がクリスマスのベルに響いているイメージです。
リナリア

■リナリア

リナリアの花言葉≪初恋・幻想・私の恋を知ってください≫それらをテーマにこの詞が出来上がりました。小さくて、でもしっかりと咲いたリナリアのように、初恋を知った少女の心が煌びやかであることを願って。
FIRE BirD

■FIRE BirD

翼を折れても尚立ち上がる戦士のような、強い心を描きたかったのです。iとrが小文字なのは、内側に隠した弱さを表現しています。どんなときだって不死鳥のごとき心は捨ててはならないもの。そんなメッセージを込めております。
女神の追憶

■女神の追憶

PS3専用ゲーム「フェアリーフェンサーF」のヒロインであるアリンのテーマソングです。いつも明るく可愛らしいアリンとは対照的な、しっとりとした寂しさ、切なさ、儚さをイメージした楽曲です。作品との繋がりを感じて聴いてもらえたら嬉しいです。
All Our Might Tonight

■All Our Might Tonight

PS3専用ゲーム「フェアリーフェンサーF」の挿入歌です。後半の戦闘シーンでたくさんお聞きいただける機会があるのではないのでしょうか。私にとっての初めての英詞楽曲。曲調も含め、たくさんの挑戦をした楽曲です。
花信奮迅

■花信奮迅

PSVita専用ゲーム「~聖魔導物語~」のラスボスのテーマです。この作品で初めてゲームソングを歌わせていただきました!ラスボスのシーンにふさわしい、一度聴いたら癖になるとてもかっこいい曲になっています!
lalala citta

■lalala citta

PSVita専用ゲーム「~聖魔導物語~」の街のテーマです。ゲームソングの歌詞を書くのは初めてですごく悩んで書き上げました。ゲームの街のイメージにぴったりの、とても可愛らしい楽曲になってます!
Betelgeuse Beat

■Betelgeuse Beat

起承転結の「転」に当たる再会をテーマにした曲。

Betelgeuseとはオリオン座のα星の赤く輝く星で、間も無く超新星爆発を起こし消えてしまうと言われている、とも言われています。「Beat」は、鼓動=命を表していて、再会をテーマにしながら、間も無く消えゆく命をタイトルにつけました。
Rigel Voice

■Rigel Voice

物語の終わり、死別をテーマにした曲。悲しいけれど、ずっと心には君がいて、それだけで素敵。生まれ変わったら、また会える事を信じて、私も歩きだなくちゃ。という気持ちを書きました。タイトルにのRigelはオリオン座のβ星で、二曲を合わせてオリオン座の断片となっております。
スカイブルーの向こう側

■スカイブルーの向こう側

夢を追う男の子を描いた「スカイブルーの向こう側」。この曲は、私が初めて作詞をした曲でもあります。一直線でがむしゃらで、不安定で、それでいて純粋。恋は夢を叶えてから。今は何よりも自分の気持ちに素直になって頑張ろうっ!と言う気持ちを書きました。
夏茜

■夏茜

「スカイブルーの向こう側」と対になるのが「夏茜」です。恋をした幼馴染の男の子は夢に夢中で、頑張る姿が好きなのだけれど、自分の事も見て欲しい。だから夢に嫉妬してみるも、気持ちは伝えられない。でも最後には「君に追いつけるように私も頑張ろう」と前向きに歩き始める。思春期ならではな乙女心を描いてみました。

ピックアップ